2021年3月25日17:00【GOLD RUSH】登録受付開始!

マリンベイ【MARINE BAY】の「怪しい」「詐欺」「飛ぶ可能性」といった質問について

マリンベイの安全性

マリンベイは仮想通貨を扱うサービスということで、始める前に色々な疑問があると思います。

マリンベイについてよく質問がくるリスクや結局は詐欺じゃないの?といった部分についてご紹介します。

マリンベイは詐欺じゃないの?

マリンベイのバナー

ネット全盛の今の時代、様々な投資案件が世の中に出回っており中には「運営が飛んだ!」「預けていた資金を持ち逃げされた!」など物騒な話がSNSを中心に出ています。

マリンベイの解説動画でも説明していますが、マリンベイはかなり簡潔に言うと必ず利益が出るメルカリです。

  • 運営にお金を預ける事はない
  • 参加者同士の個人間のやり取りで利益が発生する
  • 取引の際に支払われる手数料が運営の利益になる
マリン犬
上の3つのポイントを押さえておくとメルカリと同じとわかると思います。

運営が飛ぶ心配は?

逃げる人々

最初に説明しましたが、マリンベイはメルカリと同じP2Pプラットフォームで、運営にお金を預けて運用をしてもらうという様なものではなく、参加者同士の取引の際に発生する手数料が運営側の利益になります。

 

マリンベイ 詐欺の可能性

 

運営はプラットフォームの提供・保守管理が仕事で、取引自体はユーザー同時のウォレット間で行われるので以下のような形で運営がお金を預かることはありません。

 

マリンベイ 詐欺の可能性2

 

運営からすると手数料以外の収益源はなく、収益を得るためにサービスを続けていくことが必要です。

なので、サービスの終了自体がデメリットとなるのでそもそも飛ぶという発想がそもそもありません。

マリンベイのリスクは?

リスクマネジメント

マリンベイを運用していく上での主な金銭的なリスクは以下の2つです。

  • アイテム購入費用
  • GOLD(取引手数料)購入費用

メルカリと違う点は最初に販売するアイテムを抽選に当選して購入する必要があるというところです。

メルカリの場合、自分が持っている私物を販売する事でいきなり利益を得ることができます。

マリンベイではShipと呼ばれるアイテムの売買を繰り返していくのでまずは抽選に参加してこのアイテムを入手する必要があります。

また、取引におけるリスクは、アイテム購入者がいない場合に取引が成立しないことが考えられます。

運営が常時モニタリングしてその問題を解決している

上記で挙げた取引におけるリスクを極限まで少なくする為に運営は、常にマッチング比率をモニタリングし注文数が多い状態を維持しています。

マリンベイ 詐欺の可能性3

アイテム数量、アカウント数、当選確率のバランスを調整しており快適な取引が行われるように管理運営されています。

マリン犬
マリンベイが長く続く事が、運営にとっての利益最大化に繋がるからです。

 

また今後、アイテム及びGOLDを複数のコンテンツで利用可能なGATEWAYを用意し万全の対策を施していくとのことです。

損をすることはあるの?

マリンベイを通常利用していて基本的に損をすることはありません。

購入したアイテムはどのアイテムも必ず購入額以上の金額で(10〜18%)で次の売り手に販売されます。

損をすることがあるパターンとしては下記のようなものがあります。

①アイテムに当選したのに期限までに支払いをしなかった

マッチングが成立し、当日21時までにUSDTの送信処理が完了していない買い手ユーザーに対してぺナルティが発生します。

  • マッチングしたアイテム販売価格の10%相当GOLDの没収(取引相手に付与される)
  • アカウント凍結の解除時のGOLDの支払い

この場合、購入が必要なGOLDが没収となり、アカウント凍結解除の為にさらにGOLDが必要になってくるので結果的にGOLDを将来的に購入する必要が出てくる為、損をしたと言えます。

マリン犬
とはいえ普通にマリンベイで運用していたらまず起こらないリスクです。

②アイテムの買い手がいなくなった時

運営が供給しているアイテムの総額に対して、全ユーザーの設定金額の総額が下回った場合、需要と供給のバランスが崩れ、アイテムを保有しているものの買い手が見つからないという事態が起こります。

この場合、保有しているアイテムをお金に変えることができなくなるので、マッチングされるまで一時的に利益が出ない状態になります。株やFXで言う塩漬け、メルカリなどで言う不良在庫です。

マリン犬
こういった事態が起こらない様に運営が常時モニタリングしています。

まだ日本には浸透していないけど必ずくるサービス

グローバル展開

お隣の韓国では国内で同様のP2Pサービスなどが乱立した影響でユーザーの分散が発生して、供給過多になりマッチングしなくなったというケースもありました。

その点、マリンベイはグローバルな展開をしていくと発表されていくのでその部分のリスクは軽減されます。

マリンベイでは取引で仮想通貨(USDT)を取り扱う為、まったく仮想通貨についての知識がない人は導入が難しく感じるかもしれませんが、そこを乗り越えると運用はとても簡単で安心感のあるサービスです。

マリン犬
当サイトではマリンベイの登録から運用開始までの各記事を多数ご紹介しています。それでも分からないところがある方はオープンチャットでご質問いただければサポートさせていただきます。

開始前から話題沸騰のP2Pプラットフォーム
GOLD RUSH

【GORD RUSHの5つの特徴】

①BUSDを使った取引
②ショート対策と大口投資家の取引制限
③セキュリティ対策
④評価制度の導入
⑤出口戦略