2021年3月25日17:00【GOLD RUSH】登録受付開始!

マリンベイの運営方針と今後のビジョンについての新情報

marinebay-vision

今回は2020年11月25日にマリンベイ運営から新たに発表された情報についてご紹介します。

16分ほどの動画ですが、直近の機能改善から長期的に見て安心できる材料など、すでにマリンベイで運用している方も、これからマリンベイを始める方も見ておくべき情報です。

マリン犬
マリンベイの今後についてさらに安心できる情報なので、まだ動画を見ていない方は上記リンクからご覧ください。

今後の予定・機能の更新について

マリンベイのロゴ

11月25日に新たに発表された今後の予定、機能の更新についてまとめて紹介していきます。

①運営による確認完了が1日2回に

これまでは21時までに確認完了が行われていない取引は、HASHと送金額が合っている取引については運営側でアイテムの移動を行ってくれていましたが、購買者からすると11時以降すぐに送金したのになかなか販売者から確認完了してもらえずアイテムが譲渡されないというケースよく見受けられました。

マリン犬
これはもはやマリンベイあるあるですよね。

■対策

運営による「確認完了」を17:00からと21:00からの1日2回に変更
※取引に不備があるものは確認完了されません。

■導入の目的

送金の不備を取引時間内に確認できるようにするため

■機能の実装

11月26日

 

ここで私たちユーザーが勘違いしてはいけないのが、ユーザーが確認完了をしなくてもいいというわけではないということです。

マリン犬
運営さんも言ってましたが、ユーザー間取引において入金確認、アイテムの譲渡を自分でやるのは当然のこと、最低限のマナーとして上述した2つは極力自分で行うようにしましょう。

 

②申告機能の見直し

これまで申告という機能は運営が取引の状況を把握するためのものでした。

マリン犬
ユーザーとしては申告しても申告理由などを相手に伝えることができず「とりあえずしておくか」程度の機能でしたよね

今後は、ユーザー間でも情報が共有できるように申告の内容を定型化してメッセージの確認ができるようになるとのことです。

マリン犬
定型文が用意されるので、ユーザーは該当する内容を選択するだけというのもありがたいですね。実装は年内を予定しているとのことです

③USDTアドレス登録の更新

これまで、新規のユーザーがアドレス登録の際にTRC20以外のアドレスを登録するケースが度々発生していました。

マリン犬
ERC20のアドレスをよく見かけましたが、以前、メールアドレスを登録しているイカついユーザーも見たことあります

今後はTRC20以外のアドレスは弾かれて登録ができないようにシステムを年内には更新予定とのことです。

④時間外送金の防止について

マリンベイ の取引終了時間は毎日21時となっていますが、21時以降に送金してしまったという問い合わせが増加しているそうです。

21時以降は運営は集計作業の真っ只中!21時以降の送金などの問い合わせに手を取られると集計作業の遅延、間違った集計などが発生してしまう要因になります。

■対策

21時以降に取引相手のアドレスをコピーできないように防止策を導入予定

マリン犬

防止策が導入されるまではプラットフォームの円滑な運営のために21時以降の送金は行わないように引き続きお願いしますとのことです

⑤動画マニュアルの公開

マリンベイでは運営から新規登録者向けに動画が公開されています。

  1. 前編*取引開始までの準備編
  2. 後編*取引開始後のマニュアル
マリン犬
その他資料を含め格納しているURLが公開されているので、ぜひご活用くださいとのことです

ロードマップに変更点

マリンベイのロードマップの変更点

現在マリンベイは、日本・韓国・フィリピンでユーザー間取引が行われており、正式オープン前のベトナム、タイでもすでに一部ユーザーが登録をしているそうです。

当初発表されていたロードマップでは、2020 3rdQで中国のオープン、2020 4thQでベトナム・タイのオープンが予定されていましたが、中国、ベトナム、タイについてはもう少しリサーチをしてからの正式ローンチに変更されるとのことです。

主な理由としては下記のような事柄を挙げています。

  • 取引不履行増加の懸念
  • 取引準備及び取引における教育体制の整備が間に合っていない
  • 対日本人との考え方の相違
  • モラルの部分での不安が残る

上記の理由をカバーできる環境づくり、システムによる予防策を構築した状態でオープンに望みたいという事で予定を繰り下げ2021 2ndQに変更すると発表されました。

併せてスワップ機能、取引所への上場についても、ユーザーにとってさらにメリットのある機能として再構築して提供できるよう2021 2ndQに変更になりました。

マリン犬
また今回変更となった部分も、状況に応じて前倒しでリリースする場合もあるのでその際は事前にアナウンスをしてくれるそうです

長期的な運営を行う為の取り組みについて

また私たちユーザーが一番気にしている「マリンベイはいつまで続くのか…」「需要と供給のバランスを保つために明確な策はあるのか?」ということについても新たな情報が発表になりました。

マリンベイにおいての一番のリスクは供給過多(アイテム数がアカウント数を上回る)になった場合、アイテムが売れないという状況になることです。

マリン犬

その状況を回避するために運営さんが行っている施策についての説明がありました

1.抽選制により需要と供給のバランスを維持

抽選制を採用することで需要と供給のバランス(当選確率:最大15%以内に維持)を日々モニタリングしている。

現在ユーザー数の急増に伴いなかなか当選しない、当選しても当選数が少ないという意見も多くきていてユーザーも感じている通りアイテムの循環が間に合っていない状況だそうです。

ですが、運営としていちばん重きを置いているのがいかに長期的にユーザにプラットフォームを提供し続けるかということなので長期的目線で見て欲しいとのことでした。

マリン犬
ここでアイテムを放出しまくれば短期的な利益は出せますが、結果としてマリンベイ自体の寿命を縮めることに直結するのでこれは納得できます。当たれば必ず利益が出るってすばらしいこと!

すごく話題になっていた時期にしっかりアイテム絞ってインフレを抑制しているあたりが本当にサービスを長く続ける気なんだろうなと信頼できますね。

2.ユーザーファーストの運営体制

運営さんはユーザーが安心して利用できるために、ユーザーサポート体制、システムの更新、UIの更新を日々改善してくれています。

8月21日のプレセール開始から前回の動画配信時(10/6)時点では500人だったユーザー数が、11月25日現在でメインアカウントで5000を超えておりユーザーが爆増中!

マリン犬
今後もユーザーが定着するようにシステムの改善を続けていくとのことです

3.P2Pプラットフィームのビジネスモデル

すでにマリンベイで運用をしている人には周知の事実ですが、マリンベイはユーザー間取引のプラットフォームを提供して、手数料を得る収益構造でユーザーから資金を預かるものではありません。

長期的に運営を続けることで運営としても大きな利益を得ることができるので、ユーザーとwinwinの関係を築くことが運営にとって最大のメリットです。

今後もリアルなP2Pという部分に拘ってそれ自体をマリンベイの最大の特徴としていくとのことです。

4.アイテムのバーン機能

マリンベイにおける一番のリスクは、アイテム数がアカウント数を上回り販売ができなくなるという事という説明がありましたが、その事態を回避するためにバーンが実施されます。

バーン機能とは

運営がアイテムを消滅させることでマッチング比率のバランスを見ながら稼働させることが可能
※(バーン機能はすでに実装済み)

マリンベイのアイテムバーン

さらにバーンについては、ユーザーに対して見える化を行う形で実施されるとのこと。

具体的には運営が購買者としてマッチングに参加しアイテムを購入して転売せず消滅させるという手順で行われます。

その際、運営側のアカウントIDを公開することで透明性を保ちつつ全体の流通量を綿密に調整して長期的な運営が可能になるとのことです。

 

  1. 抽選制により需要と供給のバランスを維持
  2. ユーザーファーストの運営体制
  3. P2Pプラットフィームのビジネスモデル
  4. ゲートウェイ戦略
  5. アイテムのバーン機能

上記の5つの取り組みで今後も長期的な運営体制を維持していくとのことです!

マリン犬
ここまで説明してもらえるとユーザー側としては安心ですね!そしてこの後はとっても気になるゲートウェイ戦略についてまとめています

ゲートウェイ戦略について

マリンベイのゲートウェイ戦略

現在、ユーザーが売買を行っているアイテム(Ship)はマリンベイサイト内でのみ価値があるもので、他のサービスでの価値はありません。これはある意味でリスクとも取れます。

ゲートウェイ戦略ではユーザーが保有しているアイテム、GOLDを別の価値のあるものへ交換が可能になるというイメージだそうです!

マリンベイ内で取引をして楽しむだけでなくマリンベイ 外でも利用可能な選択肢が増えてマリンベイ 内のアイテム、GOLDが外部で使えるようになるプロジェクト。

マリン犬
それがゲートウェイ戦略です。考えただけでワクワクします

ゲートウェイ戦略の主な構想

マリンベイのゲートウェイ戦略
  1. マリンベイトークン(仮称)の発行(ETHベース)
  2. 発行したトークンはアイテム、ゴールドをスワップ(交換)することが可能
    ※サイト内にスワップというメニューが今後追加予定

このトークンの活用方法は2つの選択肢が用意される予定です。

  1. 取引所への上場
    ※取引所の先行はすでに終了しているが、現在プロジェクト進行中の為非公表
  2. 某オンラインゲーム(カジノ)サイトとの提携によりサイト内コインとのスワップが可能になる
    ※マリンベイトークンをゲームコインに交換し、サイト内のゲームやカジノコンテンツ利用が可能になる。

 

また逆にゲームコインからマリンベイトークンへのスワップも可能になるので、外部サイトで増えたゲームコインをトークンにして取引所で売買も可能!

マリン犬

提携先との相互利用ができるので今以上にマリンベイというプラットフォームを楽しみながら使えるようになる楽しみすぎる新情報でございます

結論:マリンベイやっぱり最高

現在、詳細を詰めていっており次回の配信ではかなり具体的な情報の公開が可能になる今後の展開にご期待ください。と締められた今回の動画。

運営での確認完了が1日2回になるという直近でのありがたいアップデートからとにかく期待してしまう壮大な今後の展望まで盛り沢山の新情報でした。

皆様にとって最良のプラットフォームとして提供し続けていくように尽力してまいります。また、P2Pの取引におきましてはユーザー皆様の協力なくして成功はございません。

ぜひ今後とも皆様のお力添えいただきますようによろしくお願いいたします。

マリン犬
運営さんマジで誠実。サービスが続く限り着いていきます

開始前から話題沸騰のP2Pプラットフォーム
GOLD RUSH

【GORD RUSHの5つの特徴】

①BUSDを使った取引
②ショート対策と大口投資家の取引制限
③セキュリティ対策
④評価制度の導入
⑤出口戦略