マリンベイ【MARINE BAY】の利益を最大化させる運用テクニック

この記事では、実際にマリンベイを運用するにあたっての細かな運用テクニックについて解説します。

 

マリン犬
実際にマリンベイを運用するにあたって、利益を出すための方法やGOLD、サブアカウントの使い方を解説します。

 

マリンベイの運用テクニック

マリンベイの運用テクニック

 

設定金額は固定した方がいいのか、上げた方がいいのか?

 

よくある質問で設定金額は固定のままにした方がいいのか?という質問を頂きます。

 

マリン犬
もちろんそれはその方の軍資金にもよるので、一概には正解はこうだ。と答えれることは出来ませんが、利益を最大化するという視点での回答をします。

マリンベイでは、アイテムの保有期間があるので設定金額いっぱいのアイテムを保有しているとアイテムを売却するまで、次のアイテムを購入する事が出来ません。

マリンベイ 運用するテクニック

 

マリン犬
マリンベイでの軍資金を$1,000以上用意出来て、利益を最大化したいのであれば設定金額は上げた方がいいです。

軍資金が$1,000であれば、アイテム売却まで待たなければいけません。

 

軍資金があって、利益を最大化したい人は設定金額を上げて効率的に売買を繰り返した方がいいと思います。

 

軍資金があってもアイテムが売却された金額で次のアイテムを購入したい方はそうしてください。

 

GOLDはどれくらい保有していた方がいいのか?

マリンベイをやる上で欠かせないのがGOLDですが、このGOLDがないとマッチングの対象になりません。

売買を繰り返す中で、アカウントによって所有GOLDのばらつきが出てきます。

マリン犬
よくアイテム当選するアカウントは所有GOLDが少なくなってきます。
マリンベイ 運用テクニック

この画像のように所有GOLDが40GOLDしかなければ、GreenShipは抽選の対象から外れてしまいます。

 

マリン犬
所有しているどれかのアカウントが80GOLDを下回ったら、現段階で利益の大きいGreenShipの当選が無くなってしまいます。

80GOLDを下回る前にGOLDは購入して保有しておきましょう。

 

サブアカウントはどれくらい作った方がいいのか?

 

マリンベイでは最大50個までサブアカウントを作る事が出来ます。

マリン犬
しかし、現段階で一気に50個サブアカウントを作る事はオススメしません。

 

沢山のユーザーの情報を見ている限り、『サブアカウントが多ければ多いだけアイテム当選数も多くなる。』という傾向はあまり見られないからです。

 

純粋にサブアカウントの分だけ当選確率を上げていては、運営側もアイテムを沢山リリースしなければいけません。

需要と供給のバランスを崩すことに繋がる可能性があるので、運営もそこは全体のユーザー数のバランスを見てアイテムをリリースしてると考えられます。

 

マリン犬
今はまず貰える1,200GOLDでサブアカウントを5個作って運用してみて、当選件数が他のユーザーより少ないかな?と感じたらサブアカウントを増やしていく形でいいと思います。

 

 

今話題沸騰のP2Pプラットフォーム
マリンベイ

【マリンベイの5つの特徴】

①専門的な知識やスキルが不要で副業向き
②最短4日間で収益が発生
③1日15分前後の空いた時間を有効活用
④スマホ1つで参加出来る!
⑤運営にお金を預けないユーザー間取引!詐欺が絶えない時代だからこそ資金はいつも自分の手元に