マリンベイの現状報告と出口戦略について最新情報【12.27 運営動画】

マリンベイの最新情報動画12.27

今回は2020年12月27日9:00にマリンベイ運営から新たに発表された情報についてご紹介します。

約10分の動画で、11月25日発表された「マリンベイの運営方針と今後のビジョンについての新情報について」から現在の状況やゲートウェイ戦略について更に具体的に説明された動画となっています。

マリン犬
動画内で公開された新情報をできるだけ分かりやすく記事にまとめました

12/27公開!
マリンベイの現状と今後の展開について

marinebay

1.HASHの貼り付け忘れ、二重送金について

依然としてHASHの貼付忘れ、二重送金についてユーザ増加に伴いHASHの貼付忘れ、二重送金が増えているとのこと。

HASHの貼付忘れについては、HASHをもとにブロックチェーンにて送金の確認をしておりHASHが貼付されてないと必然的に取引不履行となります。

購買者は取引不成立に、販売者は翌日再マッチング及び返金対応となりますので送金後は必ずハッシュの貼付保存を忘れないようにご注意ください。とのことでした。

▶️多発する二重送金などのトラブルに対してマリンベイ運営が新たな対応を発表しました

マリン犬
2重送金についても、二度三度の確認の上送金するようにしましょう

2.年末年始の取引について

マリンベイは年末年始もいつもと変わらず通常通り11時から21時の取引が実施されるとのことです。

マリンベイを運用していると体感的に土日は送金が遅くなっているように感じます。(休みの人が多く用事などがある?)

マリン犬
今年は例年とは違う年末年始となりますが、取引相手の為にできるだけ早い送金を心掛けましょう

3.時間外送金の防止について

取引の終了時間は21時となっておりますが21時以降に送金してしまったと言う問い合わせが依然増えているとのこと。

それに伴って、前回の情報更新でも発表があった通り、21時以降は送金先のUSDTアドレスがコピーできない仕様に変更となりました。

マリン犬
21時を過ぎますと運営は集計作業に入ります。時間外の取引については集計作業の遅延及び間違った集計となる要因にもなりかねないので早めの送金をお願いしますとのことでした

4.登録ユーザ数について

現在メインアカウントで11,000を超える登録があるとのこと。

前回の動画配信時(11月25日)の5,000アカウントから倍以上のアカウント増加となっておりますが、引き続き安定した取引環境の提供を行くとのこと。

マリン犬
ユーザー数爆増中!安定感がすごいの色んなところから人が集まってきてるんでしょう!

Red Shipリリースについて

マリンベイのアイテム一覧

そしてついに1月中旬よりRed Shipの取り扱いがスタートするとのことです!

  1. ユーザからの要望が多かったこと
  2. 安定した取引が維持できていること

上記の理由から取り扱いがスタートします。詳細については公式サポート並びにサイト内お知らせより事前アナウンスをしてくれるそうです!

マリン犬
まだBlue Shipもなかなかのレア感があるのにRed Shipまで…!忙しくなりそうです

新規法人設立について

これまでマリンベイP2Pマッチングプラットフォームを提供して来たGamechain社から新たに新規法人が設立されました。

新規法人はMrineBay HD HK Limited.(以下:MBH)という名称で2020年11月17日付で設立されたそうです。

マリン犬
今後はMBHによりマリンベイプラットフォームの運営が行われます

新規法人設立についての詳細

今後マリンベイのP2PプラットフォームはMBHによって運営されます。

さらに今回新設したMBHはゲートウェイ戦略において、韓国のFHLgames(以下:FHL)と戦略的パートナーとしてMOUを締結したという事も発表になりました。

FHLとMBHが提携しFHLがすでに提供している一部のコンテンツの統合と販売活性化に向けた事業推進に共同で取り組むという内容が記載されております。

マリン犬
この締結によりゲートウェイ戦略の中身が今後順次公開されていくとのこと!

FHL会社概要

FHLという会社について

FHLは南米でナンバーワンのデジタルコンテンツサービスプラットフォームで、2009年より南米にてKAYBO.comと呼ばれるプラットフォームサービス、具体的にはオンラインゲームサイトの運営を行っている会社だそうです。

FHLはこんな会社
  1. 現在ユーザ数が20,000,000人を超え南米ナンバーワンプラットフォームとして確固たる地位を築きあげている。
  2. 主にオンラインゲームとモバイルゲームのサービスを提供しており、1000名に及ぶインフルエンサーと連動し情報の拡散を実施。
  3. 「The HIVE」というネットカフェを南米にて、2万ヶ所展開。
  4. 2019年からはeスポーツリーグの展開も行っている。
マリン犬
南米のことはよく分かりませんが、あちらでは最強のプラットフォームなんだとか。要は強いんです。

ゲートウェイ戦略の提供で今後どのようなメリットがあるのか

マリンベイのゲートウェイ戦略について

前回の動画内で発表があった通り今後ユーザーが保有しているアイテムやゴールドはマリンベイのサイト外での利用が可能となります。

こんな事が可能になる!
  1. 保有しているゴールド、アイテムと発行予定しているトークン(MBトークン(仮))にスワップ交換できる。
  2. MBトークンはKAYBO.com内通貨”Kコイン”と交換が可能、Kコインを使用してゲームやカジノコンテンツを楽しめる。
  3. MBトークンが某取引所上場してMBトークンを売却することによりUSDT等の暗号資産を得ることができる。

ポイント①

MBHはFHLと共同でKAYBO.comサイト内のKAYBOパークからカジノコンテンツを提供。

マリン犬
現在は南米ユーザ向けのコンテンツのみですが、今後はアジア向けのコンテンツ開発及び提供を順次進めていくとのこと

ポイント②

KAYBOサイト内通貨であるKコインを購入するにはVISA、MasterCard、Amazon Pay、PayPal、暗号資産などの様々な決済手段があるが、今後MBトークンもその決済手段の1つとして加わる。

さらにMBトークンからKコインに交換した場合はボーナスが付与される。

マリン犬
この一文がヤバいですよね

つまり、ユーザーは他の決済を利用してKコインを購入するよりMBトークンからKコインに交換するほうが得だと言うことです!

ポイント③

KAYBO.comにはすでに20,000,000人ユーザの登録があり、既存ユーザーは現在Kコインを購入しコンテンツ利用しています。

この1%でもMBトークンからKコインにスワップしたとするとMBトークンの価値はどうなるのか?

ぜひ今後の展開に注目していただければと思います。とのこと!

マリン犬
これだけの市場規模でみんながMBトークンを使ってKコインに交換したとすると…。1%でも20万人…。やっぱりマリンベイ全力です。

2021年もマリンベイが楽しみすぎます!

直近の取引に関わる機能変更から、現実味があるゲートウェイ戦略まで更に安心できる内容ですごく楽しみです!

またRed Shipのリリースについての情報公開後、SNS上等で「ついに最後のアイテムがリリースされるから終わりがそろそろ近いのでは…」なんて声もありました。

ですが、リリースの理由もユーザーからの要望による所が大きく、運営側も「Red Shipが最後のアイテムです!」とはアナウンスしていないので今後の展開次第では、新アイテムのリリースも十分可能性があるのではないでしょうか?(憶測です。)

マリン犬
なにはともあれ、2021年も一番安定感と安心感のあるP2Pプラットフォームとして君臨し続けてくれることを期待しています!

今話題沸騰のP2Pプラットフォーム
マリンベイ

【マリンベイの5つの特徴】

①専門的な知識やスキルが不要で副業向き
②最短4日間で収益が発生
③1日15分前後の空いた時間を有効活用
④スマホ1つで参加出来る!
⑤運営にお金を預けないユーザー間取引!詐欺が絶えない時代だからこそ資金はいつも自分の手元に